NEWS

VANNER、アメリカツアー成功「世界的な人気を証明」

VANNERがアメリカの観客たちを魅了した。

実力派ボーイズグループVANNERが、16日から25日にかけての約10日間、アメリカの5都市を周るツアーコンサート’VANNER RISING IN THE US’が成功に終えた。VANNERは、シカゴ、ニューヨーク、アトランタ、デンバー、ニューヨークなど、アメリカの5カ所に渡り、現地ファンに感動を与えた。

VANNERは、今回のアメリカツアーで、デビューファーストアルバムのタイトル曲「Better Do Better」と1stシングルのタイトル曲「Crazy Love」などで会場を盛り上げた。

特に、アメリカの現地ファンのため、普段では見ることのできない収録曲のライブパフォーマンスや多彩なカバーとユニット舞台で、特別な公演を演出し、ファンたちの熱烈な歓声を浴びた。また、様々なスペシャルイベントでファンとの活発なコミュニケーションを図った。

これに現地ファンたちは、VANNERメンバーのために、公演ごとに国旗イベントや、各州を代表する州旗イベントを披露。

VANNERの所属事務所であるVTエンターテインメントは、「休む間もない日程の中でも、無事ツアーを完了できたのは、アメリカのVVS(ファンクラブ)のおかげです。想像以上の戦慄を与えてくれたファンの皆様に心から感謝いたします。」と伝え、また、「次のアルバムも一生懸命に準備し、また新たな思い出をつくりたい」と話した。

VANNERは2019年2月14日に「V」でデビューしており、デビュー前から様々なライブ活動を通してファン層を構築すると同時に、実力を証明し注目を集めていた。

一方、アメリカツアーを終えたVANNERは、しばし休息の後アルバムの準備に入る。

 

原文記事:http://naver.me/xT71sUYn